夢見た職業の理想と現実

人というのは男女の違いなく、誰もが未来に対する夢を見るものです。そして、それらは初期の段階では夢想に過ぎないものですが、成長していくに従って現実に変えようと努力して真っ直ぐに向かっていくことになります。その中のひとつに職業の選択があり、看護師を目指す人も多くいるはずです。一般的に、肉体的にも精神的にも大変であることが知られています。しかし、それでも誰かを助けたい・救いたいという願いを抱いて進んで行く人がいるのです。しかしながら、世の中はそれほど甘いものではなく、理想と現実のギャップがやってきてしまいます。想像していた仕事内容と違う・感謝の気持ちが向けられないという感情が現れ、早い人は看護学校に入ったあたりで気付くこともあります。研修を乗り越えた時にはだいたいの人がギャップに気が付いて、自分の選択に悩む人も出てくるはずです。やめることは決して悪いことではなく、素質というものもあるので、無理はしない方がいいでしょう。しかし、それでも少しでも気持ちが残っているのであれば、続けることをすすめます。確かに、現実は想像していたほど綺麗なものではないかもしれませんが、続けていけば兼ね合いがとれてくることもあるのです。心の中にある夢が完全に消えない限り、もうちょっとだけ頑張ってみる、そんな気持ちで続けていくことも大切になります。そしていつか、自然と理想と現実のバランスが取れるようになってくるはずです。強い気持ちをもって、その日に突き進んでいきましょう。

Leave a Reply